ニュージーランド公認会計士の必要初期投資と費用

スポンサーリンク



Chartered Accountants Australia & New Zealand(CAANZ)を通じてニュージーランド公認会計士プログラムを受験するためには、以下が必要となります。

  • ニュージーランドまたはオーストラリアの必要条件を満たした学士号
  • CAANZがオーストラリア、又はニュージーランドの学士号と同等と査定した必須条件を満たした資格

日本の学士号の資格を所持されている場合は、その学士号がCAANZに認定されれば必要課目だけを受講することでニュージーランド公認会計士プログラムの受講資格を得ることができます。

そのため、ニュージーランド公認会計士プログラムの受講資格を得るためには初期投資が必要になります。

ニュージーランド公認会計士プログラムの受験資格についてはこちらの記事を参照してください。

ニュージーランド公認会計士プログラム受講資格-必要学歴

ニュージーランド公認会計士になるための初期投資

ニュージーランドで学士号を取得するには、通常3年間大学、または、ポリテクニック(専門学校)で勉強する必要があります。

ニュージーランド公認会計士プログラムの暫定メンバーの資格を満たすには、会計学の学士号の取得が一番適しています。

ニュージーランドの大学、ポリテクニックの授業料は学生の保持しているビザの種類により異なります。

インタナショナルスチューデント(International Student)は、ニュージーランドの永住権・市民権、オーストラリアの市民権・永住権等を持たない学生です。(基準は学校により異なります。)

ニュージーランドの永住権・市民権、オーストラリアの市民権・永住権等を持つ学生の事はドメスティックスチューデント(Domestic Student)といいます。

ニュージーランドの大学、ポリテクニックの授業料の例は以下です。

学生の種類授業料1年間授業料1教科あたり授業料3年間
インタナショナルNZ$19,050 NZ$2,382NZ$57,150
ドメスティックNZ$6,373NZ$797NZ$19,119

Waikato Institute of TechnologyのBachelor of Applied Managementの授業料を基にしました。

学士号修了後、”Approved Training Employer ”(ATE) に就職後、公認会計士を目指して公認会計士認定プログラムを受講することになります。

ニュージーランド公認会計士プログラムの費用

ニュージーランド公認会計士プログラムは、プログラムスタート時の実務経験の有無にもよりますが、通常3年間かかります。

以下は、各年の費用の例です。

就職先によっては、必須課目の費用・暫定メンバー年会費を負担してくれるところもありますので、費用がかからない場合もあります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です