ニュージーランド公認会計士プログラム受講資格-必要学歴

スポンサーリンク



ニュージーランド公認会計士プログラム受講資格

ニュージーランド公認会計士認定プログラムを受講するには必要な条件があります。

Chartered Accountants Australia & New Zealand(CAANZ)の公認会計士プログラムを始める前には、CAANZの暫定メンバー(Provisional Member)になる必要があります。

また、暫定メンバーとして登録するためにも必要条件があります。

CAANZの暫定メンバー(Provisional Member)になる条件

暫定メンバーの登録には、以下のいずれかの資格を保持している必要があります。

  • ニュージーランドまたはオーストラリアの必要条件を満たした学士号
  • CAANZがオーストラリア、又はニュージーランドの学士号と同等と査定した必須条件を満たした資格

いずれの学士号も必ず会計学である必要はありませんが、CAANZが認定する必須課目の全てを履修している必要があります。

また、上記の学士号以外にも、過去の職務経験から資格認定できるコースや、補足でCAANZの提供する基礎コースを受けることで暫定メンバー登録条件を満たすことも可能です。

例えば日本で会計学の学士号を取得済みの場合は、CAANZによる査定の結果、もしも条件に満たない場合は必要な学課を履修することで暫定メンバーとして登録する条件を満たすことができます。

 

ニュージーランドで会計学を専攻する学士号コースを受講する学生は、公認会計士の資格取得を目指している人が多数います。

そのため、ニュージーランドで会計学を専攻すると、どの課目がCAANZの公認会計士取得のために履修必要か案内があります。

学士号取得のためには大学、または専門学校(ポリテクニック)でコースを受講することになります。

学校のスケジュールによりも差がありますが、フルタイムで勉強することによって、最短で2年半または3年ほどで学士号のコースを修了することが可能です。

CAANZの暫定メンバー年会費

CAANZの暫定メンバーになるには別途、年会費の支払いが必要です。

年会費はNZ$371.50(消費税込)です。(2018年1月現在)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です