ニュージーランド公認会計士資格取得プログラムの概要

スポンサーリンク



Chartered Accountants Australia & New Zealand(CAANZ)を通じてニュージーランドの公認会計士になるためには、CAANZが提供する公認会計士プログラムを修了する必要があります。

ニュージーランド公認会計士の資格を取得するためには5つの必須学課課目の修了と、3年間の実務経験を終了する必要があります。

以下の図は、ニュージーランド公認会計士資格取得プログラムの構成を表しています。

ニュージーランド公認会計士プログラム構成

CAANZの公認会計士プログラムを始める前には、CAANZの暫定メンバー(Provisional Member)になる必要があります。

暫定メンバーになるための条件は、暫定メンバー必要条件の記事をご参照ください。

ニュージーランド公認会計士プログラム受講資格-必要学歴

必須学課課目

ニュージーランド公認会計士プログラムを修了するには5つの必須学課課目に全て合格する必要があります。

必須学課課目は以下です:

  • Audit and Assurance-監査と保証
  • Financial Accounting and Reporting-財務会計と報告
  • Management Accounting and Applied Finance-管理会計と応用ファイナンス
  • Taxation-タックス
  • Capstone-キャプストーン(最終課目)

キャプストーン以外、どの課目から履修するかは自由に選択可能です。

テクニカルモジュール-コース構成

キャプストーン以外の4課目をテクニカルモジュールと言います。

テクニカルモジュールの各コースの期間、試験、費用は以下です。

期間試験費用
12週間テスト3回 + 最終試験NZ$1,480(消費税込み)

最終試験以外はオンラインでのコース提供です。

詳しくは、各テクニカルモジュールの詳細ページで説明していますので、各ページをご参照くださいませ。

ニュージーランド公認会計士プログラム必須課目-監査と保証

ニュージーランド公認会計士プログラム必須課目-管理会計

ニュージーランド公認会計士プログラム必須課目-タックス

ニュージーランド公認会計士プログラム必須課目-財務会計と報告

キャプストーン-コース構成

キャプストーンは14週の最終学課課目です。

キャプストーンは、他の学課課目が修了、若しくは修了見込みの場合にのみ受講可能です。

期間試験費用
14週間ワークショップ3回 + 最終試験NZ$1,480(消費税込み)

キャプストーンは、テクニカルモジュールと異なり、コースの間に3つのワークショップがあります。

ワークショップ2と3では個人とチームのテストがあります。

このコースに関しては各ワークショップの準備をオンラインでアクセスできる資料・課題をもとに行います。

実際のワークショップ・最終試験は、その会場に行く必要があります。

詳しくは、キャプストーンの詳細ページで説明していますのでご参照ください。

ニュージーランド公認会計士プログラム最終必須課目-キャプストーン

必要実務経験

上記の学課課目に加え、CAANZの認定した雇用主の下で会計業務の実務経験が3年間必要です。

CAANZの認定した雇用主は、”Approved Training Employer ”(ATE) と言います。

ATEの下で、以下の最低条件を満たした会計業務を最低3年間積む必要があります。

  • 3週間かそれ以上の期間に、週に最低17.5時間働く
  • メンターの定期的な指導の下で働く

会計業務というのは、財務会計、管理会計、監査、タックスなど、経理事務よりも会計の専門知識が必要な業務を示します。

公認会計士資格取得に必要な会計実務経験を積むには、求人応募時、または面接時に確認が必要です。

必要実務経験はCAANZの基準を満たしていれば、いつでも始めることができます。

これは、必須学課課目の履修を始める前、履修中、履修後でも問題ありません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です